ViewSonic フィンチ

  • ViewSonic について
  • ニュース
  • Message from Top
  • フィンチ
  • 会社の沿革
  • アワード&レビュー
  • ViewSonic について
  • ニュース
  • Message from Top
  • フィンチ
  • 会社の沿革
  • アワード&レビュー
  • ViewSonic logo

    フィンチについて

    彼らがどのようにして生まれたのか

    anフィンチ(Rainbow BirdまたはLady Gouldian Finchとしても知られる)はオーストラリアから生まれたもので、スズメ、クロスビル、ゴールドフィンチを含むフィンチファミリーのメンバーです。Gouldianフィンチはオーストラリア北部のオープンサバンナ地域に住んでいます。暑い気候では、Gouldianフィンチはユーカリの木に垂直にぶら下がっている葉の下に止まることによって太陽の光から身を守ります。彼らの食事はさまざまな種、生きた食物および岩塩から成ります。彼らは各交配周期の間に4から6個の卵を作り出し、卵は24時間に1回生み出されます。22日後には完全な羽の生えたひな鳥が現れます。ナチュラリストのジョン・グールドと彼の妻は、1838年から1840年の間でオーストラリアを旅行している間に、Gouldianフィンチを最初に発見しました。彼の妻はイングランドへの帰国途中で亡くなり、グールドは彼女に次いで、彼が最も美しい鳥であると考えているものに名前をつけることで彼女に敬意を表しました。:レディー・ゴールディアン・フィンチ(Amandina Gouldiae)。1887年、最初の黒と赤のGouldianフィンチがイングランドに輸入され、そこでセンセーションを起こしました。

    ViewSonic Corporationの創設者James Chuがコンピューターディスプレイの開発と販売を決心したとき、彼は強力なブランドイメージを発信する必要性を認識しました。それは優れた品質と価値を意味するものです。彼はまた、鮮やかな色やシャープな解像度などの属性を即座に伝達できる、目を引く明瞭な視覚的アイデンティティを作成することの利点を理解していました。彼は、ディスプレイが、パーソナルコンピュータの最も目立つ構成要素であるため、強い美的魅力を持つことが特に重要であると考えました。信頼できるマーケティングアドバイザーと協力して、Chu氏は、親しみやすさと快適さを想像しながら、これらの目的を達成するであろうロゴやシンボルを探し始めました。ViewSonicロゴを形成する3つのGouldianフィンチは広く認められたシンボルになりました。ViewSonicは世界中のユーザーが、このシンボルが「優れた品質と高画質」を連想できることを確実にするよう絶えず努力します。 - 優れた品質。美しく鮮やかな色。魅力的な暖かさと親しみやすさ。これらの鳥はViewSonicの象徴となり、私たちはそれらに対して特別な親近感を持っています。私たちはladygouldian.com のスポンサーになり、バードプログラムを採用しました。

     

    製品比較

    仕様を比較するために3つの製品を選択ください

    Select Your Region